ボディコーティングでピカピカの車に|大事な愛車を守る為に

MENU

必ず行なわないといけない

車体

車を所有している人は、必ずといって車検を行なわないといけません。これは、道路運送車両法によって義務付けられています。どうして義務付けられているのかといえば、車の安全性や公害防止面に対して問題がないかを国の運輸支局という機関で定期的に検査するように定められているからです。正式には、継続検査と呼ぶようになっていますが、現代では車検と言ったほうが一般的に認識されています。
車検の有効期間というは、車の種類によって異なります。一般的な自家用乗用車や軽乗用自動車などといった車は、新車登録してから三年目、そしてそれ以降は二年ごとという風に定められています。トラックやバスなどの大型で事業用自動車に関しては、機関は更に短いです。有効期間は、車検満了日として自動車検査証に記載されています。検査してもらって合格をもらえれば、自動車検査証が更新されます。その際に、新しく次の満了日を検査標章というフロントガラスに貼るステッカーをもらえます。このステッカーに記載されている日付を過ぎてから自動車で行動を走っていると、免許停止などといった処分を受けることになりますので気を付けましょう。

どういったことを車検で行なうのかといえば、車を点検して必要があれば整備します。ですから、これを行なうときは点検、検査、設備を行なうことになります。これと同時に重量税と自賠責保険料を支払わないといけません。車検を受けるにも費用は必要ですから、こういった料金も含めて支払えるようにしておきましょう。費用は、業者によって異なりますし、車の対応によっても異なりますので依頼する業者に問い合わせてみるといいでしょう。